仏ケリング:10-12月の増収率、予想上回る-グッチに改善の兆し

  • 既存店売上高は8%増、予想は4.1%増
  • ケリング株価、パリ市場で一時3%上昇

フランスの高級品メーカー、ケリングの昨年10ー12月(第4四半期)の売上高は、アナリスト予想を上回る伸びとなった。グッチ部門が、マルコ・ビッザッリ最高経営責任者(CEO)と新しいクリエイティブディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレ氏の下で改善の兆しを見せた。

  19日の同社発表によると、既存店売上高は前年同期比8%増えた。ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の調査では中央値で4.1%増が見込まれていた。グッチの売上高は4.8%増と、アナリスト予想の1.5%を上回る伸びで、3年ぶりの高水準となった。ケリングの株価はパリ市場で一時3%高となった。

  通期売上高は前年比で15%増え116億ユーロ(約1兆4570億円)で、アナリスト予想の114億ユーロを上回った。経常営業利益は16億5000万ユーロだった。

原題:Kering Sales Beat Estimates as Gucci Brand Returns to Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE