ガンドラック氏に賭けて1100億円超の利益、もっと買えばよかった

オークツリー・キャピタル・グループの共同創業者、ハワード・マークス氏はやり手の投資家として知られる。同氏の最高の投資の一つがジェフリー・ガンドラック氏への賭けだ。

  ガンドラック氏がダブルライン・キャピタルを2009年に設立したとき、マークス氏は約2000万ドル(約22億6000万円)を出して同社株の20%を保有した。この投資は過去5年で1億5800万ドルの収入をオークツリーにもたらし、投資した資金はほぼ8倍になった。さらに、オークツリーをカバーするアナリストらによれば、同社のダブルライン持ち分は現在、9億ドルにも相当するとみられる。

  マークス氏は18日のブルームバーグとのテレビインタビューで、「こんなにうまくいくと考える根拠はなかった」のだが、「ダブルラインは恐らく、新興の運用会社として最高の成功物語だ」と話した。

  マークス氏はダブルラインについて一つだけ悔やんでいることがある。2014年にゴールドマン・サックス・グループの会議で、「もっと買っておくべきだった」と当初の出資について後悔の言葉を漏らした。

原題:Marks’s Oaktree Seen Nearing $1 Billion Gain With Gundlach Wager(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE