中国株:下落、金融株が安い-週間では上海総合が2カ月ぶり大幅上昇

更新日時
  • 新規融資急増で人民銀が一部銀行の預金準備率を引き上げと関係者
  • 香港市場ではH株が前日比0.7%安、ハンセン指数0.4%下落

19日の中国株式相場は下落。ただ、週間ベースでは2カ月ぶりの大幅上昇で今週の取引を終えた。中国当局が景気下支え策を強化する姿勢を示したことが好感された。

  上海総合指数は前日比0.1%安の2860.02で終了。同指数の週間上昇率は3.5%に縮小した。CSI300指数は前日比0.1%安で引けた。

  19日は金融株が売られた。中国工商銀行(ICBC、601398 CH)が1%安。北京銀行(601169 CH)は2.2%安。事情に詳しい複数の関係者によると、中国人民銀行(中央銀行)は一部銀行の預金準備率を引き上げる。1月の新規融資は過去最大だった。関係者は対象となった銀行の詳細は示していない。

  上海兵聖資産管理の李静遠ゼネラルマネジャーは「相場反発は政策に支えられており、上海総合指数は一段と上昇し3000に届く可能性がある。景気下支え策は全て市場の信頼回復に寄与し、望ましい。景気がすぐに持ち直すかどうか断言するのは困難だが、一段と悪くなることはないだろう」と述べた。

  香港株式相場も下落。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.7%安。ハンセン指数は同0.4%安の19285.50で終了。週間では5.3%上昇した。

原題:Hong Kong Stocks Slide to Pare Weekly Gain as Casino Shares Drop(抜粋)
原題:China’s Stocks Complete Biggest Weekly Advance in Two Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE