アップル:裁判所の暗号解除命令への回答期限、26日に延長-関係者

米カリフォルニア州サンバーナディーノで昨年12月に起きた銃乱射事件の容疑者が使用していた「iPhone(アイフォーン)」の個人情報をめぐり、米連邦地裁の判事が暗号を解除して連邦捜査局(FBI)に協力するよう命じたことに対するアップルの回答期限が延長された。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。米政府が犯罪対策を進める一方、アップルは顧客のプライバシー保護を訴えている。

  状況が公になっていないとして匿名を条件に話した関係者によれば、カリフォルニア州連邦地裁への回答期限は当初の23日から26日にずれ込む予定だ。同地裁判事は16日、アップルにFBIへの支援命令を出すよう求める米司法省の要請を認め、アップルに対して5営業日以内に同命令に対して回答するよう求めていた。

原題:Apple Said to Get More Time to Fight Order to Unlock IPhone (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE