金価格上昇は中銀への「信頼感喪失」が主因-産金業界ベテランが指摘

  • 長期的な弱気派の金への関心が高まっている:クライン氏
  • 金融市場が混乱する中、金価格は今年に入って約14%上昇

投資家らが各国・地域の中央銀行当局者の経済問題に対処する能力への信頼感を失い始めたことが金価格の上昇をけん引しているとの見方を、オーストラリア2位の産金会社エボリューション・マイニングのジェイク・クライン会長が示した。同会長は、金価格の上昇が非常に力強いため長期的な弱気派の関心が高まっていると指摘する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。