米クアルコム、レノボとライセンス契約-中国での技術使用で

米クアルコムは中国のレノボ・グループ(聯想集団)と新たなモバイルチップ・ライセンス契約を結んだ。クアルコムは中国で徴収する技術使用料をめぐり同国政府と対立した後、収益源を模索していた。

  18日の両社の発表資料によると、中国での技術使用に対してクアルコムが顧客に請求できる範囲を定めた新しい指針に基づきレノボはロイヤルティーを支払うことに同意した。一部の現地製造業者は政府によるクアルコムへの調査を理由に全ての使用料の支払いを見合わせていた。当局の調査はクアルコムが罰金を支払う形で昨年決着した。

  今回の契約により、クアルコムは中国の5大携帯電話機メーカーとの契約を確保できた。クアルコムは特許のライセンス契約から利益の大部分を稼いでおり、半導体メーカーの中で独自性のある収益構造となっている。

原題:Qualcomm Signs Lenovo to China Technology Licensing Agreement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE