NY外為:ユーロが5日続落-ECBが刺激策拡大との観測で

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し5営業日続落し、ここ10カ月で最長の連続安となった。米金融当局が次の利上げ時期について検討を進める中、欧州中央銀行(ECB)が3月の政策決定会合で刺激策を拡大し、米国との政策のかい離が広がるとの観測が強まった。

  ユーロは主要通貨の大半に対して値下がり。この日公表されたECB政策委員会の1月会合の議事要旨によれば、政策委は世界的な成長減速のリスクが予防的な金融緩和策を正当化するかどうかを協議した。また朝方発表された米国の雇用市場や景況感の指標が、同国経済への信頼感を強める内容となったことも手掛かりにユーロは下落した。

  CIBCワールド・マーケッツの外為戦略ディレクター、バイパン・ライ氏は「議事要旨は、ECBが3月に行動を起こす方向に傾きつつあることを市場にあらためて知らせる内容だ」とし、「ここ数週間に見られるユーロ高に対処するため、次回会合で追加刺激措置が必要になることを示している」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.2%安の1ユーロ=1.1107ドル。対円では0.9%下げて1ユーロ=125円78銭。

  トロント・ドミニオン銀行の北米為替戦略責任者、マーク・マコーミック氏は、景気刺激策を遂行する上で「ECBにはさらなる弾薬があることから、ユーロは下落が続く」と分析。向こう2カ月間に1ユーロ=1.08ドル程度に下げるとの見通しを示した。

  この日発表された先週の米新規失業保険申請件数は前週比で予想外に減少し、3カ月ぶり低水準となった。2月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は市場予想を上回った。

  ECB政策委員会は1月の会合で、世界的な成長減速のリスクが予防的な金融緩和策を正当化するかどうかを協議し、少なくとも1人のメンバーが、インフレ率が「限られた期間」ECBが目安とする水準を超えることの必要性を認めた。

  三菱東京UFJ銀行のグローバル市場調査部門で欧州責任者を務めるデレク・ハルペニー氏(ロンドン在勤)は「ECBの政策会合が近づく中、当然出てくる疑問は、ECBが再びユーロ相場に影響を与えられるか否かということだ」と述べた。

原題:Euro Declines for Fifth Day as ECB Spurs Stimulus Speculation(抜粋)

(5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE