6000%の値上げでも極めて安いベネズエラのガソリン

  ベネズエラのマドゥロ大統領は17日、ガソリン価格を60倍に引き上げた。ガソリン値上げはほぼ20年ぶり。しかしこれでも景気の現実に即した値上げではない。オクタン価91のガソリンを満タンにすると約45ボリバル。首都カラカスで買うコーヒー1杯分の半額だ。闇市場の取引レートだと約4米セントでしかない。さらに昨年のインフレ率は181%。追加値上げが発表されない限り、実質的なコストは急激に低下するだろう。

原題:Venezuela’s Dose of Economic Reality Not What It Seems: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE