ノルウェー、政府系ファンドによるイラン国債への投資を解禁

ノルウェーは、運用資産8100億ドル(約92兆1000億円)の政府系ファンド(SWF)によるイラン国債への投資を解禁した。核開発プログラムの制限履行により同国に対する国際的な制裁が解除されたことを受けた措置。

  ノルウェー財務省の発表によれば、同国は2014年1月以降、イラン国債への投資を禁止してきた。今回の決定により、禁止措置の対象は北朝鮮とシリアのみとなる。同省は、イランが包括的共同作業計画に基づく当初の義務を履行したことから、投資禁止措置を解除したと説明した。

原題:Norway Opens Wealth Fund to Buying Iranian Government Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE