英アングロ・アメリカンをジャンク級に格下げ-S&Pで今週3社目

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、英鉱業・資源会社アングロ・アメリカンを投資不適格(ジャンク)級に格下げした。同社の格付けは今週、ムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスからもジャンク級に引き下げられている。

  S&Pは18日の資料で、アングロ・アメリカンの信用格付けを「BB」とし、これまでの「BBB-」から引き下げたと発表した。格付け見通し(アウトルック)は「ステーブル(安定的)」。

  アングロ・アメリカンの格付けについて、ムーディーズは15日に「Ba3」、フィッチは17日に「BB+」にそれぞれ引き下げた。

原題:Anglo Cut to Junk for Third Time This Week as S&P Joins Peers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE