中国工商銀のスペイン幹部5人を逮捕-欧州のマネーロンダリング捜査

  • 工商銀がマドリードに置く複数の拠点に警察の捜索が17日入った
  • マドリードの拠点は当局に協力していると工商銀は説明

世界最大の銀行、中国工商銀行がマドリードに置く複数の拠点に17日、警察の捜索が入り、幹部5人が4000万ユーロ(約51億円)以上のマネーロンダリング(資金洗浄)に関わった疑いで逮捕された。

  欧州警察機構(ユーロポール)は、スペインにおける中国人の組織犯罪に対する広範な捜査を昨年実施した結果、工商銀の幹部逮捕につながったとウェブサイトで発表した。同日の警察発表によれば、不正取引など違法な手段で得られた資金の中国への送金に工商銀に関与した疑いがある。

  工商銀は電子メールで配布した資料で、捜査の進展を注視し、マドリードの支店が地元当局に協力していると説明。反マネーロンダリング規制を厳格に順守し、法と規則に基づき営業するという基本原則を堅持しているとコメントした。

原題:Spanish Police Arrest Five in ICBC Money-Laundering Probe (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE