香港H株:上昇、週間では昨年4月以来の大幅高の勢い-上海株は反落

更新日時
  • H株指数は前日比3%高-ハンセン指数、2.3%高
  • 上海総合指数は0.2%安、生活必需品関連株が下落

香港に上場する中国本土株の指標、ハンセン中国企業株(H株)指数は18日、上昇した。世界的な株高や原油相場反発の流れに乗った。中国本土株は3日ぶり反落で取引を終えた。

  H株指数は前日比3%高で終了。石油株などが買われた。H株指数はこのままいけば、昨年4月以来の大幅な週間上昇率で今週の取引を終える。同指数のバリュエーション(株価評価)は先週、記録的な低水準となっていた。ハンセン指数は前日比2.3%高の19363.08。

  本土市場で上海総合指数は前日比0.2%安で引けた。生活必需品関連株が下落した。国家統計局が同日発表した1月の消費者物価指数(CPI)は、食品価格の大幅上昇を受けて伸びが加速した。

  精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「H株は世界的な相場の地合いや資本の流れにより強く影響される。またバリュエーションが低く、割安な水準にあるときは相場が反発しやすい」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Extend a Weekly Gain as Energy Shares Rebound(抜粋)
原題:China Stocks Rise to Two-Week High in Hong Kong; Shanghai Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE