米共和党:トランプ氏がリード、サウスカロライナ州予備選前の調査

米大統領選の共和党候補指名争いで、20日のサウスカロライナ州同党予備選で投票する可能性がある有権者のうち、ドナルド・トランプ氏の支持率が36%とトップとなり、2位のテッド・クルーズ上院議員(17%)を19ポイント上回っていることが、ブルームバーグ・ポリティクスの最新世論調査で分かった。

  トランプ氏はほぼ全ての層で優勢で、超保守派ないしキリスト教福音派を自認する有権者からもクルーズ氏に比べ多くの支持を集めた。さらに、次期大統領が直面すると想定されるほぼ全ての課題についても、トランプ氏は最も高い評価を受けた。

  今回の調査で支持率3位はマルコ・ルビオ上院議員の15%で、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が13%と続いた。世論調査会社セルツァーが、共和党予備選で投票する可能性のある有権者502人を対象に今月13-16日に実施したもので、誤差率はプラスマイナス4.4ポイント。

原題:Trump Dominates in Bloomberg Poll Before South Carolina Primary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE