FOMC議事録:市場混乱で経済見通しに「下振れリスク」高まる

更新日時
  • 原油安、金融市場混乱、世界的な成長減速で不確実性が強まる
  • 金融環境の引き締まり続けば下振れリスクは高まる

米連邦準備制度理事会(FRB)が17日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、1月26-27日開催)議事録によると、政策当局者らは商品価格下落や金融市場混乱が米経済にもたらすリスクが高まっているとの懸念を示した。

  議事録では、「参加者は、こうした展開が国内経済活動の見通しに与える全般的な意味合いについて不明確と判断したが、不確実性が強まったということでは一致した」とし、「多くは、こうした展開は見通しに対する下振れリスクを強めるとの認識を示した」と記された。

  投票権を持つメンバーは、声明で見通しへのリスクバランスを評価することはできないという考えで「おおむね一致」した一方、当局者らは「最近見られる世界的な金融環境の引き締まりが続いた場合、下振れリスクを高める要素になり得るとの認識を示した」と記述された。

  このほか少数の当局者は、このところの展開により「下振れリスクの度合いが強まった、もしくはリスクがもはや均衡していない」と判断した。

  議事録では、「参加者らは金融政策スタンスの緩やかな調整が適切だとの認識を引き続き示した一方、調整のタイミングやペースについては、今後の経済・金融市場の展開、またそうした展開の中期的な経済見通しへの影響に左右されることを強調した」と記した。

  また発表されている労働市場関連の指標は「心強い」としながらも、支出や生産に関するデータには「失望させられる」との見解で一致した。

  幾人かの参加者は、中国や他の新興国での予想を上回る減速の広範な影響が米経済の足かせになり得るとの懸念を表明した。

  このほかインフレについて当局者らは、エネルギー価格の一段の下落やドルのさらなる上昇で「インフレ率が2%に上昇するまで要する時間は従来予想よりもやや長くなることが恐らく示唆された」と指摘した。

  その上で、「数人の参加者は、インフレ率が2%に向かって上昇しつつあるという直接的な証拠が示されれば、見通しや政策の適切な道筋を評価する上で重要な要素になると指摘した」と記された。

原題:Fed Minutes Show Policy Makers Saw Risks to Outlook Worsened (1)(抜粋)

(最終2段落にインフレ率について追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE