13万円あれば始められる不動産投資-「モノポリー」気分で個人も参加

  • 新興企業のブリックベストはクラウドファンディングの手法を活用
  • 個人が商業用不動産開発プロジェクトに直接、投資することが可能に

さいころを振って「GO」を通過、給料200ドルを受け取る。鉄道の駅を買うー。ゲーム「モノポリー」ならこんなふうに簡単に不動産投資ができるが、現実にはそうはいかない。

  個人が直接、商業用不動産開発プロジェクトに出資や投資することはできない。しかし英国の新興企業ブリックベストは、欧州の富裕層を大規模商業用不動産に直結させようとしている。

  同社は17日に正式に発足した。クラウドファンディングの手法を使い、世界中のプロジェクトに最低1000ユーロ(約12万8000円)からの投資を可能にする。プロジェクトへの出資または債券やローンへの投資が可能で、持ち分や債権はブリックベストのプラットホームで売却することもできる。計画通りにいけば、不動産投資について現在よりも透明性が高く流動性のある市場を生み出せる。英金融行動監視機構(FCA)の管轄下にある同社は50万ー5000万ポンド(約8160万ー81億6000万円)規模の案件を引き付けたいと考えている。

  投資銀行出身のエマニュエル・ルミノー最高経営責任者(CEO)は「伝統的に、商業用不動産投資には品質、透明性、流動性、アクセスの問題があった」と指摘。「当社はこれら全てを解決する手助けをする」と話した。

  同社プラットホームの利用は欧州の金融商品指令(MiFID)で「プロの顧客」と定義されている投資家しか利用できないが、十分な金融知識と50万ユーロ以上のポートフォリオを持つ富裕な個人は「プロ」の中に含まれることを選択できる。今後数週間に富裕な一般投資家が扉をたたいてくれるのを期待しているとルミノー氏が述べた。

原題:Your Next Real Estate Investment Costs Just 1,000 Euros(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE