ギリシャ経済相:ディストレストファンドへの不良債権売却に慎重姿勢

ギリシャのスタサキス経済相は、同国が1000億ユーロ(約12兆6900億円)を上回る不良債権を抱える状況にあっても、ディストレスト債の売却を制限する考えを明らかにした。

  スタサキス経済相は15日にアテネで行われたインタビューで、不良債権のディストレスト債ファンドへの売却を政府として引き続き制限する意向を表明。さらにギリシャ政府と債権者との協議について、数週間以内に完了する可能性があるとの見通しを示した。

  

原題:Greece Wants Bad Loan Sales to Be More Measured, Minister Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE