米ローン・パイン、ノースロップ株210万株を取得-昨年10~12月期

  • ヘルスケア株への投資は縮小、アラガンの全保有株を売却
  • マイクロソフト株を買い増し、アルファベット株を買い入れ

スティーブン・マンデル氏率いる米ヘッジファンド運用会社ローン・パイン・キャピタルが昨年10ー12月(第4四半期)に米防衛企業ノースロップ・グラマンの株式を取得した。昨年末時点での取得分評価額は4億260万ドル(約460億円)相当。16日の当局への届け出で明らかになった。

  ローン・パインは10-12月期にノースロップ株210万株を買い入れ、同期中の新規米国株投資では最大となった。別の届け出によると、スタンレー・ドラッケンミラー氏のデュケーヌ・ファミリーオフィスもノースロップやレイセオンの株式を10-12月期に取得している。

  ローン・パインはヘルスケア株の保有を縮小。昨年9月末時点で7億880万ドル相当に上っていたアラガンの保有株全てを売却した。ダビータ・ヘルスケア・パートナーズの株式5億7280万ドル相当とエンド-・インターナショナル株2億6740万ドル相当も手放した。バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルへの投資ポジションは相場変動や10-12月期に163万株を売却したことを反映し、7億3850万ドル減った。

  ローン・パインはマイクロソフト株を192万株買い増しし、保有規模は15億1000万ドルと保有銘柄で最大となった。このほか、アルファベットのクラスA株とC株をぞれぞれ40万株余りを取得し、昨年末時点の評価額は合わせて6億2770万ドルだという。

原題:Lone Pine Takes Northrop Grumman Stake, Reduces Health-Care Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE