ボーイングとロッキードの異議、米当局認めず-爆撃機の開発計画

  • 国防総省はノースロップに発注、ボーイングは裁判で争う可能性示唆
  • ノースロップには今後20年で最大1000億ドルの売り上げ機会とシティ

米国防総省が約800億ドル(約9兆1400億円)相当の重爆撃機の開発プログラムを米ノースロップ・グラマンに発注したことに関し、米監査当局は受注を争っていたボーイングとロッキード・マーチン陣営が申し立てた異議を退けた。

  米政府監査院(GAO)は16日、ボーイングとロッキードの異議申し立てを認めないと発表した。両社は今後も法廷で争うことが可能で、ボーイングは裁判に持ち込む可能性を示唆している。

  シティグループの航空宇宙・防衛担当アナリスト、ジェーソン・ガースキー氏は、ノースロップにとって今回の受注は今後20年で800億-1000億ドルの売り上げを得る機会となり、主に2020年代半ばと30年代に利益面の恩恵の大部分が表れると説明した。

  米空軍は昨年10月、冷戦以降で初となり、今後10年で米軍最大の兵器システムの一角を占める新爆撃機の製造で、ノースロップを選定した。空軍のアン・ステファネク報道官によると、今回のGAOの判断を受け、空軍は不服が申し立てられた際にノースロップに出していた作業停止命令を解除した。

  ガースキー氏は16日付の顧客向けリポートで、投資家はノースロップの優勢を見込んでいたため、株価には「今回の好材料の一部が既に織り込まれていた」と指摘した。

原題:Northrop Bomber Award Upheld After Lockheed-Boeing Protest (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE