原油の増産凍結、イラクの同調が鍵握る可能性-チャート

  サウジアラビアとロシアによる原油増産凍結の合意は、イラクとイランが同調しなければ「ほぼ無意味」と、LPSパートナーズ(ニューヨーク)のOTCエネルギートレーディング責任者マイケル・ハイリー氏は指摘する。ブルームバーグが集計したデータによれば、イラクの原油生産は昨年1月以降、日量97万バレル増加しており、石油輸出国機構(OPEC)最大の産油国サウジの同48万バレルを上回っている。今年1月に経済制裁が解除されたことを受けイランも迅速に生産を増やす可能性がある。

原題:Why Iraq Endorsement of Oil Freeze Deal May Matter Most: Chart
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE