NY外為:円反発-原油生産量の維持で合意も市場の期待に沿わず

更新日時

16日のニューヨーク外国為替市場では、円が3営業日ぶりに反発。サウジアラビアとロシアが原油生産量の維持で合意したものの、市場の減産期待には沿わなかった。

  円は主要16通貨に対し全面高。サウジとロシアの合意による原油価格押し上げ効果が疑問視され、原油相場は上げを消した。円はドルに対し、ここ2週間に約7%上昇している。

  サクソバンクの通貨戦略責任者、ジョン・ハーディー氏は電子メールで「円はリスク選好度を測る通貨だ。リスクセンチメントは若干悪化している」と指摘。「ロシアと石油輸出国機構(OPEC)との協議で減産合意がなかったことを受けて原油が大きく売られた後、リスクセンチメントの悪化も明らかに加速した」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比0.5%高の1ドル=114円07銭。前日は1.2%安と、1月29日以降で最大の下げとなっていた。円は対ユーロではこの日、0.6%上昇し1ユーロ=127円12銭。

  日銀は1月29日の金融政策決定会合で、日本で初となるマイナス金利の導入を決定。今月16日から適用が始まった。

  マイナス金利の導入発表以降、円は約4%上昇しており、市場では日銀が介入に動くとの観測が広がっている。

  トロント・ドミニオン銀行の北米為替戦略責任者、マーク・マコーミック氏は「円は世界的なセンチメントの変化に敏感な状態が続く」と分析。「日銀の介入リスクが対円でのドルを下支えるものの、1ドル=100ー115円が新しいレンジとなる可能性が高そうだ」と述べた。  

原題:Yen Gains as Biggest Oil Producers’ Freeze Struggles to Reassure(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE