新興市場株:続伸、サウジ・ロシア協議で原油が上昇-ルーブルも高い

16日の新興市場株は続伸。先週は週間ベースで1カ月ぶりの大幅安だったMSCI新興市場指数は前日反発していた。サウジアラビアとロシアが石油市場について協議することから、石油株が買われた。ロシア通貨ルーブルも高い。

  ペトロチャイナ(中国石油)が香港市場で上昇し、3日続伸。北海ブレント原油が一時1バレル=35ドル台に乗せた。関係者が匿名で語ったところによれば、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相はロシアのノバク・エネルギー相とカタールの首都ドーハで16日に協議する。世界的な産油国である両国が協調減産に踏み出すとの観測が広がった。

  MSCI新興市場指数はロンドン時間午前8時30分(日本時間午後5時30分)現在、前日比0.8%高の732.31。10業種中8業種が上昇。エネルギー関連銘柄が大きく上げている。

原題:Emerging Stocks Climb as Oil Jumps on Saudi Talks; Ruble Rallies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE