独VW、中国に今年5100億円余り投じる-新型PHVなど投入へ

  • プラグインハイブリッド「アウディA6」現地生産、年後半開始
  • VWの中国販売台数、昨年はGMを下回った

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は年内に40億ユーロ(約5100億円)余りを中国市場に投じる。排ガス不祥事を受けコスト削減を進める一方、新たなスポーツ型多目的車(SUV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の投入に向け投資する。

  VWの中国部門責任者ヨヘム・ハイツマン氏は16日、PHVのセダン「アウディA6」などを新型モデルとして投入すると北京で記者団に説明した。

  今年後半に現地生産を開始する同車を含め、VWは中国で今後5年以内に15の新エネルギー車を投入する計画。VWの投資は排ガス検査不正発覚後の昨年9月に辞任したマルティン・ウィンターコルン前最高経営責任者(CEO)の計画に沿った内容。

  ハイツマン氏は今年の中国乗用車販売台数は恐らく経済成長率並みかそれを上回るペースでの伸びになると予想。中国政府は今年の成長率目標を「6.5-7%の範囲」に設定する見込み。

  同氏によれば、VWの中国販売は恐らく業界水準並みの伸びとなる見通し。昨年は約3.5%減の355万台だった。米ゼネラル・モーターズ(GM)は5.2%増え361万台と、VWに代わり中国自動車市場でトップの海外メーカーとなった。

原題:VW Spending $4.5 Billion on China as GM Catch-Up Trumps Scandal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE