キャメロン英首相、仏大統領を説得できず-英銀のセーフガードめぐり

キャメロン英首相は15日夜、オランド仏大統領と会談したが、欧州連合(EU)改革をめぐる議題で大統領を納得させることはできなかった。

  英金融街シティーの銀行向けのセーフガード(保護条項)を推進するキャメロン英首相は、これに不満を持つユーロ圏諸国を代表するフランスのオランド大統領と同日夜、仏大統領府で1時間にわたり会談した。仏政府当局者によると、建設的な会談だったものの意見の溝は残っており、オランド大統領はユーロ圏での法制定に英国は拒否権を持てないと主張したという。

  キャメロン首相は英国のEU離脱の是非を問う国民投票を前に、ブリュッセルで18日開かれるEU首脳会議で英国民に売り込める合意を取りまとめたい意向。ただ、英国の銀行をユーロ圏の規制から守ろうとする英国の要求の一部に対してフランスは批判的で、大きな争点の一つに浮上している。

原題:Cameron Fails to Sway Hollande as French Fight U.K. Bank Shield(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE