豪中銀議事録:低金利が個人消費と住宅建設を下支え

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は、過 去最低の政策金利が個人消費と住宅建設を下支えする一方、豪ドル安で 企業の競争力も改善しているとの認識を示した。

豪中銀は2日の政策決定会合で、政策金利を過去最低の2%に据え 置くことを決めた。議事録によれば、「メンバーは最近の国内データは 全てを考慮すればポジティブなものであると指摘し、予測期間にわたり 成長率が緩やかに高まるとの妥当な見通しが存在すると判断した」とし ている。

豪中銀は、堅調な雇用の伸びが今後も続くかどうか、最近の世界の 金融市場の混乱が国内経済に影響を与えるのか注視するとの従来の見解 を重ねて示した。また、インフレが抑制されており、必要に応じて金融 緩和に踏み切る新たな余地が生じているともあらためて指摘した。

原題:RBA Sees Low Rates Aiding Consumer Spending, House Building (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE