米ツイッター、南米コロンビアの左翼ゲリラ組織のアカウント閉鎖

  • 民族解放軍(ELN)は72時間の外出禁止令を宣言
  • ツイッターは暴力的な脅迫やテロの宣伝を禁止していると説明

米ツイッターは、南米コロンビアの左翼ゲリラ組織が72時間の外出禁止令を宣言した後、同組織が利用していたアカウント少なくとも2つを閉鎖した。

  マルクス主義を掲げる民族解放軍(ELN)は12日付の声明で、14日から17日までの外出禁止令を宣言。ティエンポ紙を含む現地メディアによると、ベネズエラとの国境付近や西部コロンビアの一部を活動地域とするELNはツイッターの2つのアカウントで外出禁止令を広めていた。現在、両アカウントは閉鎖されている。

  電子メールでの取材に対しツイッターは、個別アカウントに関するコメントは控えるとしながら、同社規定は暴力的な脅迫やテロの宣伝を禁止していると回答した。

  より規模の大きい左翼ゲリラ組織であるコロンビア革命軍(FARC)とは異なり、ELNは現在、政府との和平交渉を行っていない。

原題:Twitter Suspends Accounts as Colombia Rebels Declare Curfew (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE