香港の東亜銀行、ヘッジファンドの身売り検討要求を拒否

香港の東亜銀行は15日、株主であるヘッジファンドのエリオット・マネジメントによる身売り検討の要請を拒否した。同行の2015年決算は17%減益と、市場予想より悪かった。

  東亜銀が香港証券取引所に提出した資料によれば、同行は改善策や現行の対策を重視する意向。東亜銀は減益の背景を説明した別の資料で、中国事業が「厳しい課題」を抱えているとの認識を示した。

  東亜銀は「現在のマクロ経済や業務をめぐる困難な環境に加え、現在進めている事業戦略を踏まえれば、今は身売り検討に適した時ではない」とコメントした。

  資産家ポール・シンガー氏率いるエリオットは東亜銀株主に充てた今月の書簡で、東亜銀に対し適切な上乗せ価格での身売りを探るべきだと促した。

原題:Bank of East Asia Rejects Hedge Fund’s Call to Explore Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE