ノルウェー政府系ファンド、クレディSへの出資比率を引き上げ

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループの最大株主であるノルウェーの政府系ファンド (SWF)「政府年金基金グローバル」は、クレディ・スイスへの出資比率を8日に従来の5%から5.03%に引き上げた。スイス証券取引所が12日に公表した情報開示報告で明らかにした。

  スイス証取は出資比率が5%を含む一定の水準を超えたり下回ったりした場合、情報の開示を義務付けている。クレディ・スイスが4日発表した昨年10-12月(第4四半期)の純損益は約58億スイス・フラン(約6740億円)の赤字となり、同行の株価は年初来で約40%値下がりしている。

  基金を管理・運営する中央銀行投資管理部門(NBIM)の広報担当トーマス・セーバン氏は、個別の企業への投資についてはコメントしないと述べた。クレディ・スイスの担当者もコメントを控えている。ブルームバーグがまとめたデータによれば、同行への出資比率は同基金が最も大きく、カタールのSWFがこれに続く。

原題:Norwegian Sovereign Fund Bought Credit Suisse Shares This Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE