2月12日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル上昇、米小売売上高受け利上げ観測強まる

12日のニューヨーク外国為替市場ではドルが買われ、ドル指数は3 カ月ぶり低水準付近から上昇。米国の消費は引き続き力強いことが示唆 されたことで、年内の利上げ実施に向けた論拠が増えた。

ドルは大半の主要通貨に対して値上がりした。米商務省が発表した 1月の小売売上高は市場予想を上回る伸びとなり、前月分は速報値から 上方修正された。ドルは対円では5営業日ぶりに反発し、2014年10月以 来の安値から上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は今週の議会証言 で、金融当局はデータを注視し、緩やかに利上げしていく方針だとあら ためて表明した。これを一因に、ドルは週間での下げ幅を縮小した。世 界的な景気減速懸念や欧州の一部銀行をめぐる信用不安を背景に米金融 政策引き締めの見通しに陰りが生じたことから、ドルは週間ベースでは 3週連続の下落。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は「米消費者は世界経済を救済できる立場に はないかもしれないが、米経済を比較的良好な状態に維持できる程度に は十分まだ力強いかもしれない」と指摘。「データが発表されて、それ が引き続き米国の相対的な強さを示唆するならば、ドルの底値を裏付け る根拠が強まり始める可能性もある」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上げ て1219.36。前日は一時、昨年11月4日以来の低水準をつけた。

ドルは対円で0.7%高の1ドル=113円25銭。ドルは対ユーロ で0.6%高の1ユーロ=1.1256ドル。

今週は米国の利上げ見通しが後退したことから、ドル売りが強まっ た。ドルの円に対する相対力指数(RSI、14日ベース)は30を下回 り、ドル安・円高が極端に進んだため反転する可能性があることを示唆 した。ドルのユーロに対する同様の指標もドルの弱さが行き過ぎである ことを示す水準付近にとどまっている。

1月の米小売売上高は前月比0.2%増。前月は0.2%増と速報値 の0.1%減から上方修正された。ブルームバーグがまとめたエコノミス ト調査によると、来週発表される米消費者物価指数はコア指数が前月か ら上昇すると予想されている。

原題:Dollar Rises From 3-Month Low as U.S. Consumer Boosts Rate Bets (抜粋)

◎米国株:反発、S&P500種は6日ぶり上昇-金融株高い

12日の米国株は反発。S&P500種株価指数は昨年9月以来で最長 の連続安を脱した。原油価格も持ち直し、1月の米小売売上高は3カ月 連続の前月比プラスを記録した。

この日は金融株や素材、エネルギー株が特に堅調だった。S& P500種は2%高の1864.78 。前日までは5日連続安。ダウ工業株30種 平均はこの日、313.66ドル(2%)高の15973.84ドル。ナスダック100 指数は1.4%上昇した。

12日に発表された経済データのうち消費者マインド指数は4カ月ぶ り低水準に落ち込んだ。株価下落や世界的な経済情勢の悪化が影響し た。中国の景気減速や原油安、米金融当局による利上げペースなどあら ゆる懸念が投資家のリスク資産回避をもたらし、前日の株価は世界的に 下落していた。

エドガー・ロマックスの投資事業バイスプレジデント、フィリッ プ・ティッツァー氏は「誰もが買いの好機を探している」と述べ、「今 の価格に魅力を感じる投資家が手元資金を投資に回しているのだろう。 原油が上昇している。これまで原油高に連動する株高を何度も目にして きた」と続けた。

週間ベースで米国株は0.8%安。前週に続く下げだった。15日の米 金融市場はプレジデンツデーの祝日で休場となる。

これまで米国株を押し下げてきた銀行株がこの日は買いを集めた。 JPモルガン・チェースは8.3%上昇。ジェイミー・ダイモン会長兼最 高経営責任者 (CEO)が2660万ドルを支払い自社株を購入したこと が手掛かりとなった。バンク・オブ・アメリカやシティグループも値上 がりした。

カジノ運営会社ウィン・リゾーツは16%急伸。2015年10-12月(第 4四半期)の利益はアナリスト予想を上回った。マカオでの事業は落ち 込んだが、米ラスベガス事業が増収となり一部を補った。

保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) は4.9%高。同社は四半期増配と50億ドル規模の追加の自社株買いを発 表した。

クーポン共同購入サイトを運営するグルーポンは29%の大幅上昇。 四半期利益が予想を上回った。モバイル決済サービスのスクエア は7.9%高。

四半期決算の発表も3分の2を過ぎた。これまで発表したS& P500種構成企業のうち約75%超で利益がアナリスト予想を上回った が、売上高が予想を上回ったのは半分に満たない。アナリスト予想では S&P500種採用企業の第4四半期利益は4.5%減と、1月15日時点の予 想(7%減)からは上向いている。

原題:Financial Shares Lead Rally in U.S. Stocks, Halting 5-Day Drop(抜粋)

◎米国債:年初来で最大の下げ-原油・株式相場の上昇で

12日の米国債相場は反落。利回りは2カ月で最大の上げとなった。 原油価格が7年ぶりの大幅高となり、米国株も6営業日ぶりに上昇した ことが手掛かり。

10年債は7営業日ぶりに下落。朝方発表された1月の米小売売上高 は3カ月連続での増加となった。自動車や衣料、オンライン販売の売り 上げが好調だった。前日の取引で10年債利回りは、2012年7月に記録し た過去最低の1.379%まであと15ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)の水準まで下げていた。

米国債は週間ベースでは3週続伸となった。世界的な金融市場の混 乱に伴う逃避需要が背景にある。

BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、アーロン・ コーリ氏は「どれだけ続くかは分からないが、良い変化であることは確 かだ」と指摘。「市場がこれまでに極めて悲観的になってしまったこ と、そして米国の個人消費には少なくとも多少の力強さがあることを再 認識させる動きだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比9ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.75%。同年債(表面利 率1.625%、2026年2月償還)価格は26/32下げて98 7/8。利回りは前 日、一時1.53%まで下げた。

この日特に大きく下げたのは30年債相場で、利回りは11bp上昇 の2.6%となった。

10年債利回りの相対力指数(RSI、期間14日)は約34。一時は30 を下回った。同指数が30を下回ると、利回りの下げが大き過ぎ、かつペ ースも速過ぎる可能性を示唆する。

米商務省の発表によると1月の小売売上高は前月比0.2%増で、伸 び率は前月と同じだった。前月は速報値では減少だったが、増加に修正 された。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値では、1 月は0.1%増が見込まれていた。

FTNファイナンシャルの金利戦略責任者、ジム・ボーゲル氏は 「相場はまだ上昇モードにある。単に身をかがめて次の一撃を待っては いない」とし、「ここ半年に発表された小売売上高で、平均的ないし良 好といえる内容は今回が2回目だ」と述べた。

先物トレーダーらが織り込む年内の利上げ確率は30%と、年初時点 の93%から低下している。この算出は、次の利上げ後に実効フェデラル ファンド(FF)金利が新たな目標レンジの中央になるとの仮定に基づ く。

原題:Treasuries Decline Most in 2016 as Oil Surges, U.S. Stocks Rally(抜粋)

◎NY金:反落、週間ベースでは2008年以来の大幅高

12日のニューヨーク金先物相場は反落。週間ベースでは7年ぶりの 大幅高となった。世界的な株安やドルの下落から逃避する動きが強まっ た。

ミトンオプティマル・グループの商品担当最高投資責任者 (CIO)、アンディー・ファフ氏は電話取材で、「金はここのところ ハリケーンのようにあらゆる要素から力を吸い上げながら上昇してき た」と指摘した。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日 比0.7%安の1オンス=1239.40ドルで終了。週間では7.1%高と、2008 年12月以来の大幅上昇となった。

銀先物3月限は0.1%未満下げて15.79ドル。ニューヨーク商業取引 所(NYMEX)のプラチナは下落。パラジウムは上昇した。

原題:Gold ‘Like a Hurricane’ Caps Best Weekly Advance Since 2008(抜粋)

◎NY原油:7年ぶりの大幅高、株反発とUAE高官発言で

12日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が急伸し、7年ぶりの大幅上昇。株式相 場の反発と、石油輸出国機構(OPEC)には他の産油国と協力する用 意があるとしたアラブ首長国連邦(UAE)エネルギー相の発言が好感 された。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「12年ぶりの安値更新を受けてショートを 買い戻すのは、大いに納得の行く取引だ」と指摘。「OPEC加盟国の 中でも信頼できる国から減産協調への前向きな発言が出てきた。具体的 な結果につながるとは思わないが、それでも注意に値する」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日 比3.23ドル(12.32%)高い1バレル=29.44ドルで終了。2009年2月以 来の大幅上昇を記録した。ロンドンICEのブレント4月限は3.17ドル (11%)上昇の33.23ドル。

原題:Crude Oil Futures in New York Surge Most in Seven Years (抜粋)

◎欧州株:3週ぶり大幅高-コメルツ銀やドイツ銀など銀行株高い

12日の欧州株式相場は上昇。銀行株や鉱業株、エネルギー銘柄が上 げ、指標のストックス欧州600指数は3週間ぶりの大幅高となった。

ドイツのコメルツ銀行は18%高と、09年以来の大幅高。昨年10-12 月(第4四半期)の決算が黒字となったことを受けて、低金利環境の中 で銀行が黒字を維持できないとの懸念が和らいだ。銀行株指数は前日 に11年8月以来の大幅安となっていた。ドイツ銀行は12%上昇。合わせ て約54億ドル相当の債券を買い戻す計画を発表。商品値上がりを背景 に、エネルギー銘柄は08年以来の大幅上昇、鉱業株は09年以来の大きな 上げとなった。

ストックス600指数は前日比2.9%高の312.41で終了。前日は13年以 来の安値を付けていた。ユーロ圏経済が昨年10-12月に成長の勢いを保 ったことを経済統計が示したのも支援要因となった。域内成長率 は0.3%と、エコノミスト予想に一致した。

セブン・インベストメント・マネジメント(ロンドン)のインベス トメントマネジャー、ベン・クマール氏は「リセッション(景気後退) や金融システム崩壊を市場が織り込んでいたのは正気の沙汰ではない」 と指摘。「だが、これで株急落が終わったのだとは断言できない。強気 だと最初に名乗りを上げたい者は今は誰1人としていない」と語った。

ストックス600指数の今週の下落率は4.1%に縮小。この日の出来高 は30日平均を約20%上回る水準だった。ユーロ圏の株価下落に備えるオ プションの価格を反映するVストックス指数は昨年8月以来の高水準に 達した後、6.8%低下した。

銀行株価指数は5.6%上昇。これは12年以来の大幅高。モンテ・デ イ・パスキ・ディ・シエナは値下がりした数少ない銘柄の1つで、この 日は5.2%下げて上場来安値を更新した。MSCIが同社のイタリア株 価指数から除外したことが売り材料。

原題:Best Bank Rally Since ’12 Lifts Europe Stocks From Two-Year Low(抜粋)

◎欧州債:ポルトガル債が週ベースで乱高下-予算案で改革不安

12日の欧州債市場ではポルトガル債が乱高下。この日は値上がりで 取引を終えたものの今週は一貫して値動きが激しく、利回り変動幅 は143ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に達した。公務員給 与の減額措置撤廃などが予算案に盛り込まれ、改革プログラムに悪影響 を及ぼすとの懸念が背景にある。

週ベースで利回りがここまで変動したのは2013年7月以来。当時は 救済を受けるのに必要な予算措置をめぐって連立与党がもめていた。今 週はユーロ圏の中でも債務と財政赤字の水準が高い国の国債が売られ、 特に市場の矛先はポルトガルに向かった。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の欧州金利戦略責任者 ピーター・シャフリク氏(ロンドン在 勤)は、ポルトガルをイタリア やスペインと比べると「全く別の状況だ」と指摘。「問題がなぜ生じて いるのかは簡単に分かる。ポルトガル政府は市場が求める成果をもたら していない。その結果として、私はもちろん慎重にならざるを得ない」 と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、ポルトガル10年債利回りは前日比37b p低下の3.73%。一時は34bp上げた。同国債(表面利 率2.875%、2026年7月償還)価格は2.975上げて92.705。利回りは前日 に4.53%と、14年3月以来の高水準に達した。2年債利回りはほぼ変わ らずの1.20%。14年5月以来の高水準である1.76%をつける場面もあっ た。

イタリア10年債利回りはこの日、6bp低下の1.65%。今週全体で は10bp上昇した。スペイン10年債利回りはこの日、4bp低下 の1.74%。前週末比では10bp上げた。ポルトガル10年債利回りは週べ ースで60bp上昇。

原題:Portuguese Bonds’ Wild Ride Shows Vulnerability Amid Budget Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE