ギリシャ、リセッションに逆戻り-15年10-12月はマイナス0.6%成長

ギリシャの2015年10-12月(第4四半期)は前四半期に続いてマイナス成長となり、同国経済がリセッション(景気後退)に逆戻りしたことが分かった。

  国家統計局が12日発表した10-12月の国内総生産(GDP)は前期比0.6%減。7-9月期は1.4%減に改定された。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値では10ー12月は0.8%減と見込まれていた。

  ギリシャでは昨年1月の総選挙で緊縮反対の政府が誕生。同国救済をめぐる交渉は8月の決着までに二転三転し、波乱が続いた。この日の発表に基づいたブルームバーグの計算によると、15年は通年では0.7%のマイナス成長だった。

原題:Greece Sinks Back Into Recession as Year of Turmoil Takes Toll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE