英ロールス・ロイス株、14年ぶりの大幅高-今年の見通し据え置き

英ロールス・ロイス・ホールディングスの株価が12日のロンドン市場で、14年ぶりの大幅高となった。同社は1992年以来となる年間配当引き下げを発表したが、投資家は昨年始まったコスト削減の取り組みを好感している。

  同社株は一時16%高と、日中の上げとしては2002年9月以来の大きさを記録。ロールス・ロイスは16年の業績見通しを据え置いた。ジェフリーズ・インターナショナルのアナリスト、サンディ・モリス氏はリポートで、見通しの安定が「センチメントの悪化を止めるはずだ」と指摘した。

原題:Rolls-Royce Surges as CEO East Makes Headway in Turnaround (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE