アジア株、2012年以来の安値-世界的な株安の流れ引き継ぐ

  • TOPIXは前日比5.4%下げ、週間下落率は13%となった
  • 香港市場でH株指数は2009年以来の安値で引けた

12日のアジア株式相場は下落。世界株の指数を弱気相場入りさせた株安の流れを引き継いだ。MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば2012年以来の安値で終了する。日本株は大幅に値下がりし、週間ベースでは金融危機以来最大の下げとなった。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時1分(日本時間同5時1分)現在、前日比2.8%安の113.21。このまま引ければ週間では6%下落となる。TOPIXは前日比5.4%下げ、週間下落率は13%に達した。

  韓国総合指数は前日比1.4%安。香港市場でハンセン指数は1.2%下げ、12年以来の安値で終了。保険株や銀行銘柄が売られた。ハンセン中国企業株(H株)指数は2%下落し、09年3月以来の安値で引けた。

原題:Asia Stocks Sink as Japan Caps Worst Week Since Financial Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE