ロンドンの銀行をEU規則から解き放つ案、フランスなど複数国が難色

ユーロ圏諸国の代表者らは、英国の金融機関を欧州連合(EU)の規則から解き放つEU草案に難色を示した。

  11日のブリュッセルでの会議で、フランスなど数カ国が、英国などユーロ不採用国が自国の金融機関に関する規制をEUとは別に設定できる案に反対を唱えた。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。

  英国で働く外国人への社会福祉給付を制限する案については東欧諸国が反対しており、EU加盟条件の修正を求めるキャメロン英首相が草案賛成を勝ち取る上でのハードルは高くなった。

  キャメロン首相が17、18日のEU首脳会議で合意に達するためには全ての加盟国から承認を得なければならない。

原題:Euro Area Stalls Deal to Shield London Banks From EU Rules (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE