カジノ運営ウィン・リゾーツ:10-12月利益、市場予想上回る

カジノ運営会社ウィン・リゾーツが11日発表した2015年10-12月(第4四半期)の利益は、アナリスト予想を上回った。マカオでの事業は落ち込んだが、米ラスベガス事業が増収となり一部補った。

  同社の発表資料によると、一部項目を除く利益は1株当たり1.03ドル。ブルームバーグがまとめた市場予想平均は76セントだった。売上高は17%減の9億4690万ドル(約1060億円)。予想は9億4950万ドル。

  マカオ事業のEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は34%減の1億6010万ドル。ラスベガス事業のEBITDAは15%増の1億2740万ドルだった。

  ウィン・リゾーツのアジア部門であるウィン・マカオの株価は12日の香港市場で一時、前日比4.8%高の7.86香港ドル。香港上場の他のカジノ運営会社の株価も上昇。MGMチャイナ・ホールディングスは4.2%、サンズ・チャイナは3.3%それぞれ上げている。
 
原題:Wynn Resorts Tops Estimates as Vegas Helps Offset Macau Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE