政府:「適切に対応」と円高けん制、安倍・黒田会談で意見交換

更新日時
  • 市場の動向しっかり注視と黒田氏、マイナス金利の効果を首相に説明
  • 「荒い値動き」、月末の上海G20で「政策協調」検討へ-麻生氏

円の対ドル相場が11日の海外市場で一時110円台と約1年3カ月ぶりの高値水準を付けたことを受け、麻生太郎財務相や黒田東彦日本銀行総裁らから急激な円高をけん制する発言が相次いだ。黒田総裁は12日昼に官邸を訪れ安倍晋三首相と会談した後記者団に対し、為替を含めて市場の動きをしっかり注視していくと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。