クレディ・スイス株が27年ぶり安値、欧州銀行株に売りの嵐

スイスの銀行、クレディ・スイス・グループの株価が11日のチューリヒ市場で27年ぶり安値を付けた。ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の事業再編計画への懐疑的な見方を受けた下げに、欧州銀行株への売りの嵐が加わった。

  フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルが11日発表した2015年10ー12月(第4四半期)利益はアナリスト予想に届かず、投資銀行部門は35%の減益となり、欧州銀行株の売りに拍車がかかった。

  クレディ・スイス株は一時9%安となり、チューリヒ時間午後5時25分現在は7.8%安の12.39スイス・フランと1989年10月以来の安値。

  ルツェルン州立銀行のトレーダー、ベノ・ガリカー氏は「銀行がかつてのような利益を上げられると信じることができなくなった。そこそこ利益は上げられるが、かつてほどでない。以前のようなリスクを取ることができないからだ」と話した。

原題:Credit Suisse Slides to 27-Year Low Amid Selloff, Overhaul (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE