資源株に賭けるヘッジファンドをチルトン閉鎖、担当者が引退-関係者

リチャード・チルトン・ジュニア氏が創業したチルトン・インベストメント(運用資産30億ドル=約3350億円)が世界の資源株の値上がりと値下がりに賭けるヘッジファンドを閉鎖した。ポーフォリオマネジャーが退職したためだと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  同ファンドの運用担当者レイ・ゲーリング氏は昨年末に引退したと、関係者は匿名を条件に語った。ファンドの資産は閉鎖時に約4億ドルと、2008年のピーク時の50億ドルから大きく減少していたという。

  チルトン・インベストメントのマイケル・クラーク社長はゲーリング氏の退職を確認したが、ファンドに関するコメントは控えた。ゲーリング氏はコメントを求める電話に応答しなかった。

原題:Chilton Said to Close Commodity Hedge Fund as Manager Retires(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE