ボーイング:民間航空機部門で人員削減を計画-コスト削減策の一環

ボーイングは同社最大の事業である民間航空機部門で人員削減を実施する。競争力改善に向けたコスト削減策の一環。

  同部門の最高経営責任者(CEO)を務めるレイ・コナー氏は10日の従業員向けウェブキャストで、役員や管理職をまず削減する方針を示した。自然減や自主退職に加え、最終手段として選択の余地を与えない解雇も必要となる可能性があるという。

  コナー氏は具体的な削減数を明らかにしなかった。中国などの主要市場が景気減速に見舞われる中、ボーイングはエアバス・グループとの競争激化に直面している。

原題:Boeing Says It Will Cut Jobs in Commercial Aircraft Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE