米銀シティグループ:北米金利取引グループの2人が退職-関係者

米銀シティグループの北米金利取引グループで2人のトレーダーが退職した。辞めたのは自動マーケットメーキング責任者のマイク・サング氏とインフレーション担当トレーダーのライアン・ホール氏。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  人事の問題だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、マネジングディレクターのサング氏は先週辞任した。サング氏とホール氏、それにシティ広報のスコット・へルフマン氏はコメントを控えた。

原題:Citigroup’s Head of Electronic Rates Trading Is Said to Exit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE