2月11日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円が上昇、対ドルで一時110円99銭-介入観測強まる

11日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで上昇。一時 は2014年10月以来の高値を付けた。日本銀行のほぼ3年にわたる金融緩 和の効果を弱める恐れがある円高を抑制するため、財務省・日銀が介入 を実施するとの観測が強まっている。

円は主要16通貨全てに対して上昇。世界的な株安や原油相場下落を 受けて、安全な逃避先としての円の需要が高まった。円はニューヨーク 時間午前7時20分ごろ、急速に下げ渋る場面もあった。SGHマクロ・ アドバイザーズのサッサン・ガラマニ最高経営責任者(CEO)はリポ ートで、日銀が一部の銀行にドルの対円水準について「レートチェッ ク」を行ったと指摘した。

世界中の金融当局が過去に例がない緩和政策を実施する中、景気刺 激効果を輸出競争力の強化やインフレ押し上げにつなげる手段として通 貨の重要性が増している。円は14年10月の金融緩和拡大以前の水準に近 づきつつあり、通貨当局が円高抑制に乗り出すのではないかとの臆測が 広がっている。日本の為替介入は2011年以来、実施されていない。

スタンダード・ライフ・インベストメンツの為替担当ディレクタ ー、ケン・ディクソン氏は「散発的あるいは小口の介入の可能性はあ る」と指摘。「特定の水準を防衛することは世界の他の当局から認めら れないだろうが、ボラティリティの抑制なら認められる可能性はある」 と述べた。同氏はさらに、円はリスク回避の動きの恩恵を受け、短期的 に上昇するとの見通しを示した。

ニューヨーク時間午後2時57分現在、円は対ドルで前日比0.8%高 の1ドル=112円40銭。一時は110円99銭と、日銀が緩和策を拡大した14 年10月31日以来の高値を付けた。11日の日本市場は祝日で休場だった。 円のボラティリティを示す指標は13年7月以来の高水準を付けた。

◎米国株:続落、世界株安の展開-ナスダック100指数は下げ渋る

11日の米国株式相場は続落。ダウ工業株30種平均の下げは250ドル を超えた。中央銀行の金融政策を通じた成長支援効果への疑問が深刻化 している。

S&P500種株価指数は一時は2.3%安まで売り込まれていたが、引 け前1時間半の取引で下げを縮小。ナスダック100指数は下げのほとん どを埋めた。この日は銀行株への売りが目立ち、シティグループとバン ク・オブ・アメリカはいずれも6.5%を超える値下がり。ボーイング は6.8%安。事情に詳しい関係者は、ボーイングが会計の適切性をめぐ って当局の調査を受けていると述べた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は1.2%下げて1829.06。5日続落は9月以来の最長。一時は1810付近 まで下げていた。ダウ平均は255.17ドル(1.6%)安の15659.57ドル。 下げのうち54ドルはボーイングの値下がりに相当する。

BNYメロン・ウェルス・マネジメントの最高投資責任者 (CIO)として運用を手掛けるレオ・グロホウスキー氏は、「中央銀 行の金融政策とその効果をめぐる不透明感が、大きなマクロ的懸念材料 となっている」と話す。「米金融当局が起こす可能性のある行動と、当 局の発言、そして市場の期待の間には大きな隔たりがある。米当局をめ ぐってこれほど不透明感が高まっているのは、昨年の夏終盤を思い起こ させる」と述べた。

◎米国債:上昇、10年債利回りは約3年ぶり低水準-逃避需要続く

11日の米国債相場は上昇。利回りは約3年ぶりの水準に下げた。世 界的な金融市場の混乱が続いており、逃避需要から米国債を求める動き が強まった。

10年債は6営業日続伸。商品価格は急落し、株式相場も世界的に大 きく値下がりした。中央銀行が世界的な成長鈍化や物価の伸び悩みを改 善させる力を失っているとの懸念から、米国債は今年に入り3.9%上昇 している。この日は30年債入札(発行額150億ドル)で最高落札利回り が約1年ぶり低水準となったことを受けて、米国債相場は上げを縮める 展開。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の政府債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「衝撃的ともいえる 上昇が続いている」とし、「市場はかなりのパニックモードだ。米国債 市場は単に他の資産クラス、特に株式と原油での動きに左右されるだけ の展開なっており、債券独自のファンダメンタルズに基づいていない」 と述べた。

ニューヨーク時間午後1時5分現在、10年債利回りは前日比4ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.62%。一時1.53% と、2012年8月以来の低水準を付けた。同年債(表面利 率1.625%、2026年2月償還)価格は100ちょうど。

◎NY原油:12年ぶり安値、米供給超過の悪化で売り浴びせ続く

11日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅続落し、2003年5月以来、約12年 ぶりの安値に沈んだ。前日の統計で、米石油受け渡し拠点であるオクラ ホマ州クッシングの在庫水準が過去最高を更新したことが明らかになっ た。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「前日のクッシング在庫水準の影響が続い ている。世界的な株価と通貨、債券相場の変動は原油需要にとってマイ ナスになると受け止められた」と指摘。次の大きな下値目標は25ドルだ と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日 比1.24ドル(4.52%)安い1バレル=26.21ドルで終了。ロンドン ICEのブレント4月限は88セント下げて29.96ドル。

原題:Oil Tumbles to Lowest in 12 Years as U.S. Supply Glut Worsens(抜粋)

◎欧州株:再び下げる、ソシエテ安い-中銀措置の効果に疑念

11日の欧州株式相場は再び下落し、前日の8営業日ぶりの上昇は持 続しなかった。指標のストックス欧州600指数は2013年9月以来の安値 に沈んだ。

ストックス600指数は前日比3.7%安の303.58で終了。これは昨年8 月以来の大幅下落で、570余りの銘柄が値下がりした。ソシエテ・ジェ ネラルやリオ・ティント、チューリッヒ・インシュアランス・グループ の決算が予想を下回る内容で、世界的な景気減速を食い止めるのに中央 銀行は力不足との懸念が強まった。原油一段安でエネルギー銘柄は下げ 幅を広げた。

ロバート・W・ベアード(ロンドン)の株式担当副会長を務めるパ トリック・スペンサー氏は「毎日押し寄せる波に流されるような状況で は、強気姿勢を維持するのは難しい」とし、「弱気なセンチメントが非 常に強く、クレジットスプレッドは急拡大、ドイツ銀行や偶発転換社債 (CoCo債)をめぐる懸念がある中では、こうした勢いは強まるばか りだ。資本は豊富でも恐怖感が大変に大きい。人間の感情が作用してい る」と語った。

ストックス600指数の年初来の下落率は17%に上り、9日には13 年10月以来となる安値をつけていた。今週これまでだけでも6.9%下 げ、指数の株価収益率(PER、予想収益ベース)は13.4倍となった。 昨年4月は17倍を超えていた。

ブルームバーグがカバーする93の株価指数のうち、年初来下落率が 最も大きい10指数の半分を西欧の指数が占める。ドイツのDAX指数 は19%、イタリアのFTSE・MIB指数は26%それぞれ下げている。

全ての業種別指数が今年これまでに下げており、中でも銀行株 が29%安と最もきつい値下がり。失望を誘う決算内容に加え、不良債権 や信用力への懸念が売り材料。銀行株はこの日は6.3%安と、下げ幅 は11年以後で最大となった。

ソシエテ・ジェネラルは13%下落。昨年10-12月(第4四半期)利 益がアナリスト予想を下回った。投資銀行部門が減益となったほか、訴 訟費用発生に備えた引当金を計上した。 イタリアとギリシャの銀行株 の下げが目立った。ドイツ銀行は6%余り、クレディ・スイス・グルー プは8.4%それぞれ下げた。スタンダードチャータードは5.1%安で、少 なくとも1998年以来の安値を付けた。

リオ・ティントは3.4%下落。 同社は増配政策を放棄し、新たなコ スト削減策を打ち出した。鉱業株は1月20日から2月5日までの間 に18%値を戻したものの、今週は3日連続で下げている。一方、貴金属 相場の上昇を背景に、ランドゴールド・リソーシズとフレスニーヨが大 幅高となった。

原題:Europe Stocks Deepen Rout as Societe Generale Leads Bank Selloff(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債が上昇、8年物まで利回りマイナスに

11日の欧州債市場ではドイツ国債が値上がり。利回りは8年物まで マイナスとなり、過去最低を更新した。

2014年に米10年債利回りの低下を正確に言い当てたHSBCホール ディングスの債券調査責任者、スティーブン・メージャー氏は、独10年 債利回りが6月にもゼロに接近、昨年4月17日に付けた過去最低 の0.049%に迫る0.05%まで低下するとみている。

ただし、今年4-6月の独10年債利回りの見通しについてブルーム バーグがまとめたアナリスト26人の予想中央値は0.74%。HSBCより も強気なのは1社しかおらず、利回り上昇を見込む向きが多い。

ブルームバーグのテレビインタビューに応じたメージャー氏は「利 回りは上昇するのではなく、低下する。だが、今のペースはやや正気の 沙汰ではないので緩やかになるはずだ」と発言。「弊社では予測をいく つか変更し、独10年債利回りの予測は0.05%に引き下げた。ほぼゼロ だ」と続けた。

ロンドン時間午後4時24分現在、独10年債利回りは前日比7ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.17%。一時は0.13%と、 昨年4月23日以来の低水準を付けた。2026年2月償還債(表面利 率0.5%)の価格は0.68上げ103.23となった。

独2年債利回りはマイナス0.557、同5年債利回りはマイナス0.359 で、いずれも過去最低に沈んだ。

一方、周辺国の国債利回りは上昇し、ポルトガル10年債利回りは14 年3月以来の4.5%突破。同年限の独国債との利回り格差は13年11月以 来の大きさに広がった。

原題:HSBC Sees ‘Crazy’ Rally Sending Germany’s Bund Yield to

0.05%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE