NY外為(10日):イエレン証言でボラティリティ上昇、ドル113円台

更新日時
  • 金融状況の「経済成長への寄与度は低下」とイエレン議長
  • ユーロ・ドルのインプライドボラティリティは2カ月ぶり高水準

10日のニューヨーク外国為替市場ではボラティリティが2012年以来の高い水準に上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は金融市場の混乱が続いた場合、政策当局が予想する2016年における複数回の利上げという道筋から外れる可能性があることを明確にした。

  円は対ドルで2014年10月以来の高値水準に上昇。ドルの指数は3カ月ぶりの低水準に達した。ユーロ・ドルの1カ月物インプライドボラティリティ(IV、予想変動率)は2カ月ぶりの高水準となり、ドルに対する円の変動を示す同様の指標は13年7月以来の高水準付近で推移した。

  12月16日の利上げから8週間経過し、米金融当局者らは金融市場の混乱や海外の見通し悪化が米経済見通しと追加の金融政策引き締めの必要性を弱めるのかどうか、判断に苦しんでいる。市場が織り込む年内の利上げ確率は50%未満に低下している。

  サクソバンクの通貨戦略責任者、ジョン・ハーディー氏は「これはリスクテーク意欲にとって総じてマイナスだ」と指摘。「米金融当局に対する期待が大幅に巻き戻されているのを見ると、市場はこれ以上のことを強く求めていた」と述べた。

  オプション市場の動向によると、ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロ・ドルのボラティリティは12%に上昇。円のボラティリティは13.3%となっている。JPモルガン・チェースの世界の通貨ボラティリティ指数は11.9%と、終了ベースでは2012年6月以来の高い水準となった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%下げて1217.08。円は対ドルで1.5%高の1ドル=113円40銭。

  オッペンハイマーファンズのグローバル・マルチアセット・グループのマネーマネジャー、アレッシオ・デロンジス氏は「ややリスク回避のセンチメントが広がる今の状況は変わらないだろう」と指摘。「引き続き円の支えになるのは確実だ」と述べた。

  中国の減速が世界のその他の地域の成長抑制につながるとの懸念を背景に、為替や債券、株式市場ではボラティリティの高い状況が続いている。イエレン議長は中国の経済見通しや為替政策をめぐる不透明感により「世界の成長に対する懸念が増幅」され、原油など商品の直近の価格下落につながったと指摘した。

  イエレン議長は3月利上げの可能性は残したものの、政策引き締めの予定や次回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合など具体的な言及はなかった。次回FOMC会合は3月15、16両日に開催される。

  イエレン氏は「米国の金融環境は最近、経済成長への寄与度が低下してきている」と発言。「そうした状況が根強く続いた場合、経済活動や労働市場の見通しを圧迫する可能性がある」と続けた。

原題:Currency Swings Soar to 2012 High as Yellen Comments on Turmoil (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE