EU:包括的金融規制「MiFID2」開始を1年延期-技術的問題で

欧州連合(EU)の金融・資本市場に関わる包括的な規制、第2次金融商品市場指令(MiFID2)の金融機関への適用開始が1年遅れることになった。

  EUの行政執行機関、欧州委員会が10日、2018年1月3日まで施行を1年延期すると発表。それによると、「実施の際に規制当局および市場参加者が直面する並外れて困難な技術的課題」を考慮したもので、この技術的作業を終わらせることに延期の目的は「厳密に限定」されている。

  MiFID2は当初、2017年から適用のはずだったが、それまでに銀行や金融機関が必要なデータ報告システムを構築するには十分な時間がないと欧州証券市場監督機構(ESMA)が指摘し、欧州委が実施日を見直していた。

原題:EU Plans 1-Year Extension of MiFID II Market Rule Start Date (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE