ゴールドマン電子取引業務統合へ、シャクノビッチ氏が統括-社内メモ

米銀ゴールドマン・サックス・グループは、異なる部署やデスクの自動トレーディング業務を統合するイニシアチブである「システマティック・マーケットメーキング」の統括責任者として、コンスタンチン・シャクノビッチ氏を起用する人事を決めた。

  ブルームバーグが入手した社内メモによると、シャクノビッチ氏は債券電子トレーディング・執行ストラテジストのグローバル責任者として、システマティック・マーケットメーキングを統括する。マーティン・チャベス最高情報責任者(CIO)と債券部門の複数の業務責任者が、シャクノビッチ氏の直属の上司となる。

  このイニシアチブについては、英紙フィナンシャル・タイムズ(F)が9日先に報じていた。ゴールドマンの広報担当ティファニー・ガルビン氏は、コメントを控えている。

原題:Goldman Names Shakhnovich to Merge Automated Trading Operations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE