2月10日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:FRB議長証言でボラティリティ上昇、1ドル=113円台に

10日のニューヨーク外国為替市場ではボラティリティが2012年以来 の高い水準に上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は 金融市場の混乱が続いた場合、政策当局が予想する2016年における複数 回の利上げという道筋から外れる可能性があることを明確にした。

円は対ドルで2014年10月以来の高値水準に上昇。ドルの指数は3カ 月ぶりの低水準に達した。ユーロ・ドルの1カ月物インプライドボラテ ィリティ(IV、予想変動率)は2カ月ぶりの高水準となり、ドルに対 する円の変動を示す同様の指標は13年7月以来の高水準付近で推移し た。

12月16日の利上げから8週間経過し、米金融当局者らは金融市場の 混乱や海外の見通し悪化が米経済見通しと追加の金融政策引き締めの必 要性を弱めるのかどうか、判断に苦しんでいる。市場が織り込む年内の 利上げ確率は50%未満に低下している。

サクソバンクの通貨戦略責任者、ジョン・ハーディー氏は「これは リスクテーク意欲にとって総じてマイナスだ」と指摘。「米金融当局に 対する期待が大幅に巻き戻されているのを見ると、市場はこれ以上のこ とを強く求めていた」と述べた。

オプション市場の動向によると、ニューヨーク時間午後5時現在、 ユーロ・ドルのボラティリティは12%に上昇。円のボラティリティ は13.3%となっている。JPモルガン・チェースの世界の通貨ボラティ リティ指数は11.9%と、終了ベースでは2012年6月以来の高い水準とな った。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は前日比0.3%下げて1217.08。円は対ドルで1.5%高の1ドル =113円40銭。

オッペンハイマーファンズのグローバル・マルチアセット・グルー プのマネーマネジャー、アレッシオ・デロンジス氏は「ややリスク回避 のセンチメントが広がる今の状況は変わらないだろう」と指摘。「引き 続き円の支えになるのは確実だ」と述べた。

中国の減速が世界のその他の地域の成長抑制につながるとの懸念を 背景に、為替や債券、株式市場ではボラティリティの高い状況が続いて いる。イエレン議長は中国の経済見通しや為替政策をめぐる不透明感に より「世界の成長に対する懸念が増幅」され、原油など商品の直近の価 格下落につながったと指摘した。

イエレン議長は3月利上げの可能性は残したものの、政策引き締め の予定や次回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合など具体的な言及 はなかった。次回FOMC会合は3月15、16両日に開催される。

イエレン氏は「米国の金融環境は最近、経済成長への寄与度が低下 してきている」と発言。「そうした状況が根強く続いた場合、経済活動 や労働市場の見通しを圧迫する可能性がある」と続けた。

原題:Currency Swings Soar to 2012 High as Yellen Comments on Turmoil (抜粋)

◎米国株:S&P500種4日続落、FRB議長で売り止まらず

10日の米国株は総じて下落。イエレン米連邦準備制度理事会 (FRB)の議会証言は、米国株への売り浴びせを止められるほどハト 派的ではないと受け止められた。S&P500種株価指数は4日続落。こ の日は取引終了1時間前に騰勢を失った。

イエレン議長は株式市場の混乱で利上げ予定が後ずれする可能性を 示唆したが、市場参加者の間では金融市場の混乱が経済をリセッション (景気後退)へと引きずり込む恐れの方が強かった。

S&P500種株価指数は0.1%未満下げて1851.86 。ナスダック総合 指数は0.4%上昇。ダウ工業株30種平均は99.64ドル(0.6%)安 の15914.74ドル。ダウ平均銘柄ではウォルト・ディズニーやIBMが売 られた。

LPLファイナンシャル(ボストン)のチーフ経済ストラテジス ト、ジョン・カナリー氏は「今週最大の材料がイエレン議長の議会証言 で、それも終了した。今は再び原油や欧州金融機関、春節休暇明けの中 国に関心が集まっている」と述べた。

イエレン議長はこの日の議会証言で、株式市場やその他市場での相 場下落が景気見通しの重しになる可能性があると示唆。議長は10日、下 院金融委員会で証言。事前に配布された原稿によれば、議長は「米国の 金融環境は最近、経済成長への寄与度が低下してきている」と指摘し た。

イエレン議長の発言は株式市場に根強くある懸念を反映している。 つまり株価の上昇力が失われると景気や低迷する消費者信頼感、抑制さ れている個人消費が悪影響を受けるかどうかだ。イエレン議長は金融市 場の大きな変動を認識しているが、米国と世界の経済成長に著しい落ち 込みは見られないと述べた。

センター・ファンズのジェームズ・アベート最高投 資責任者 (CIO)は「イエレン議長は世界経済や金融市場の動向、さらに金融 機関にかかる負荷について無関心でいるのではない」と述べ、「議長は 基本的には景気が改善しているとの前提に固執しようとしているが、恐 らくは予想していたペースではなく、緩やかな利上げ軌道でしか正当化 されないと考えている」と続けた。

四半期決算の発表もシーズンの3分の2を過ぎた。これまで発表し たS&P500種構成企業のうち約77%で利益が予想を上回ったが、売上 高が予想を上回ったのは47%だった。アナリスト予想ではS&P500種 採用企業の第4四半期利益は4.5%減と、1月15日時点の予想(7% 減)からは改善した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は1%未満下げて26.29。年初来のVIXは44%上昇してい る。

この日はS&P500種産業別10指数の8指数が下落した。素材株や エネルギー株、金融株はいずれも下落。ヘルスケア関連株は続伸した。

原題:Yellen Financial Market Brooding Fails to Halt S&P 500’s Slide(抜粋)

◎米国債:10年債上昇、イエレン議長が緩やかな利上げ示唆

10日の米国債市場では10年債が上昇。利回りは1年ぶりの水準に下 げた。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が緩やかなペー スで政策金利を引き上げるとの当局の予想をあらためて示したことが手 掛かり。

国債は今年に入り大きく上昇している。世界的な成長減速懸念が広 がる中、株式・商品市場の混乱で国債需要が高まっているためだ。イン フレ期待の低下が期間が長めの米国債を支えており、2年債と10年債と の利回り格差はここ8年余りで最小となっている。この日の10年債入札 では最高落札利回りが2012年以来の低水準となった。

イエレン議長は下院金融委員会での証言で、市場の混乱が影響し、 政策当局者らが予想する2016年における4回の利上げが実施できなくな る可能性があるとの認識を示した。先物トレーダーが織り込む次の利上 げの確率は低下。次回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合は3月15 ー16日に開催される。

ブリーン・キャピタルのマクロ戦略責任者、ピーター・チア氏(ニ ューヨーク在勤)は「イエレン議長は4回の利上げが選択肢から外れて おり、3月の可能性はかなり低くなっているとのメッセージを明確に送 った」と分析。「ただ市場は経済について、金融当局よりずっとネガテ ィブな見方を抱いている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比6ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.67%。これは15年2月2日 以来の低水準。同年債(表面利率2.25%、2025年11月償還)価格 は17/32上げて105 7/32。

2年債利回りはほぼ変わらずの0.69%。2年債と10年債の利回り格 差は、日中としては2007年12月以降で最小。利回り格差の縮小はつま り、イールドカーブのフラット化ということになる。

三菱UFJセキュリティーズのジョン・ハーマン氏は「イエレン議 長は極めて緩やかな引き締めサイクルに入っていることを伝えている。 つまり議長にはなおフロントエンド引き上げのバイアスがかかっている ことを意味し、それがイールドカーブのフラット化に寄与している」と し、「同時に議長は、経済が今の低成長から抜け出す可能性は低いとい う事実を強調した」と述べた。

この日の10年債入札(発行額230億ドル)では最高落札利回り が1.73%と、前回1月13日の入札での2.09%から低下。1.65%となっ た12年12月以来の低水準だった。また投資家の需要を測る応札倍率は昨 年8月以来の低水準となった。

原題:Treasury Yields Reach One-Year Low as Yellen Sees Slow Fed Pace(抜粋)

◎NY金:1200ドルが壁となり6営業日ぶり反落、利益確定の売り

10日のニューヨーク金先物相場は反落。中国が春節(旧正月)の連 休となる中、需要が減退した。金は約30年ぶりの大幅高となっているこ とで、上げ一服感も出ている。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「金は数年ぶ りの大幅上昇となったことから、利益確定の動きが見られる」と指摘。 「イエレンFRB議長が年内の利上げについてなお論じているという事 実は、他の中央銀行が反対方向に進んでいる中で、金の支えにはならな い」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日 比0.3%安の1オンス=1194.60ドルで終了。今年に入ってからは13%上 昇と、1980年以来の好調なスタートとなっている。

銀先物3月限は1.1%下げて15.282ドル。ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)のプラチナは下落。パラジウムは上昇した。

原題:Gold Hits a Wall at $1,200 With First Decline in Six Sessions(抜粋)

◎NY原油:続落、3週間ぶり安値-在庫減は一時的との見方で

10日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が続落、3週間ぶり安値に下げた。先週 の米在庫が予想外に減少したのは一時的な現象に過ぎないとの見方が広 がった。高い生産ペースが続いているため、在庫は再び積み上がるとみ られている。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫 は過去最高を記録した。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は電話取材に対して、「原油 在庫が大きく水準を下げたのは、輸入が急激に減少した結果に過ぎな い」と分析。「輸入は先送りされた可能性があり、翌週は反動で増える だろう。長い目で見れば輸入減少は一度限りで終わり、季節要因での在 庫増加はさらに進むだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日 比49セント(1.75%)安い1バレル=27.45ドルで終了。終値ベースで 1月20日以来の安値。この5営業日続落で15%下げた。

原題:Oil Falls to 3-Week Low as Investors Shrug Off U.S. Supply Dip(抜粋)

◎欧州株:ストックス600指数は8営業日ぶり反発、銀行株が上げ主導

10日の欧州株式相場は銀行株が急騰し、2013年以来の安値から反発 した。銀行の信用力をめぐる懸念が後退した。

指標のストックス欧州600指数は前日比1.9%高の315.19で取引を終 え、8営業日ぶりに上昇に転じた。指数を構成する19業種では銀行株指 数が最大の上昇率。ドイツ銀行が一部債券の買い戻し検討を関係者が明 らかにしたことで10%高となったほか、コメルツ銀行が8.2%高。イタ リアのインテーザ・サンパオロとポポラーレ・ディ・ミラノ銀行も大き く買われた。

オールド・ミューチュアル・グローバル・インベスターズの欧州株 責任者ケビン・リリー氏(ロンドン在勤)は「地合いがこれほど悪いと きは、たいてい買いの好機だ」と指摘。「銀行株のバリュエーションは 割安に見える。だが、信頼感の大きな危機を経験したばかりで、長期的 な反発は依然として中銀の政策や全世界のマクロ指標に極めて左右され ると思う」と続けた。

この日は米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が、金融 市場の混乱の中で米当局は利上げを急がないと示唆。この発言を受けて ストックス600指数は一時2.9%高まで上値を伸ばす場面もあった。先週 の米原油在庫で予想外の減少が明らかになったことも相場を後押しし た。

このほか個別では、デンマークのビール会社カールスバーグが4% 高。10-12月期の減益幅が予想より小さく、今年の増益見通しを示した ことが材料視された。

4カ月にわたりドイツ不動産会社ドイチェ・ボーネンの買収を画策 したものの、買収に必要な株式を買い集められなかったと発表した同業 のヴォノヴィアは4.9%高。ドイチェ・ボーネンは3.9%高で引けた。

原題:Deutsche Bank Spurs Lender Surge as European Stocks Rebound(抜粋)

◎欧州債:イタリア債が反発、投資家は再びECB追加緩和に期待

10日の欧州債市場ではイタリア10年国債が5営業日ぶりに上昇。利 回りを3カ月ぶり高水準に押しあげていた銀行不安が和らいだ。

スペイン10年債も値上がりし、ドイツ債に対する上乗せ利回り(ス プレッド)はここ2週間で最も縮んだ。一方で、ポルトガル10年債は5 営業日続落。クーレ理事ら欧州中央銀行(ECB)の当局者らはこのと ころ、3月の定例政策委員会で現在の緩和プログラムが十分かどうかを 検証する方針を示している。

BNPパリバ(パリ)のシニア債券ストラテジスト、パトリック・ ジャック氏は「ECBが3月に利下げだけでなく、資産購入絡みも含め 何らかの決定をする必要があるのは明らかなようだ。これで特に周辺国 債が幾分支えられている」と指摘。その上で、「安定化の兆しはある が、非常にもろいままだ」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時9分現在、イタリア10年債利回りは前日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.64%。同国債(表 面利率2%、2025年12月償還)価格は0.39上げ103.30。利回りは前 日1.77%に上昇し、昨年11月9日以来の高水準となっていた。

スペイン10年債利回りは3bp低下の1.72%。ドイツ債とのスプレ ッドは148bpに縮まった。ポルトガル10年債利回りは4bp上昇し て3.71%。前日は一時、14年以来の高水準となる3.73%に達していた。 ドイツ10年債利回りは1bp上昇の0.25%.

原題:Italian Bonds Bounce Back as Investors Look to ECB Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE