ゴールドマン:最も有望なトレード6つのうち5つ早くも取り下げ

更新日時
  • ユーロおよび円の通貨バスケットに対するドル買いのトレードを断念
  • 金融政策の乖離がなおドルに有利に働くとヒンメルバーグ氏

米銀ゴールドマン・サックス・グループは顧客に次のように説明した。おっとうっかりしました。2016年が始まってまだ6週間ですが、当行は今年の最も有望なトレードとしてお勧めした6つのうち5つを取り下げましたー。

  ゴールドマンが勧めたトレードのうち、ユーロおよび円の均等加重の通貨バスケットに対するドルの買い、ドイツ国債のフォワードレートをショートとする一方イタリア国債のフォワードレートをロングとする取引が裏目に出たほか、米国のインフレ予想も外れた。

  今回の不手際は、外国為替や株式、債券相場のボラティリティが加速し、グローバル市場を苦しめる現状を浮き彫りにしている。中国経済の減速に伴い世界経済が打撃を被る兆候が広がる中で、銀行や他の企業の信用力をめぐる不安に拍車が掛かり、安全資産と考えられる円やユーロの買いを促した。

  ゴールドマンのチーフ・クレジットストラテジストのチャールズ・ヒンメルバーグ氏は9日の顧客向けのリポートで、「今週の市場は積極的なリスクオフの動きで幕を開けた。最近の世界経済の成長減速がリセッション(景気後退)に発展しかねないという不安の台頭が原因のようだ。欧州を中心に金融セクターのクレジットスプレッドが跳ね上がっており、システミックリスクをめぐる懸念の再燃を示唆しているかもしれない」と指摘した。

  ヒンメルバーグ氏はその一方で、米国とユーロ圏および日本の金融政策がますます乖離(かいり)する状況が「ドルの上昇になお有利に働く」と分析。ユーロ圏では欧州中央銀行(ECB)の追加緩和が「周辺国のソブリン債により有利な環境をもたらす」との見方を示した。

  同氏と債券戦略共同責任者フランチェスコ・ガルザレリ氏(ロンドン在勤)にさらにコメントを求めて電話と電子メールで取材を試みたが、これまでのところ連絡がついていない。

  リポートによれば、ゴールドマンはユーロおよび円の通貨バスケットに対してドルを買う取引が裏目に出たことで約5%の含み損を被った。イタリア国債とドイツ国債のフォワードレートの取引も約0.5%の損失につながった。

  9日の外国為替市場では、円の対ドル相場が2014年以来となる1ドル=114円台に突入し、ユーロも値上がりした。グローバルの為替相場のボラティリティを反映するJPモルガン・チェースの指数は過去2年余りで最も高い 11.9%に達し、株式および債券市場のボラティリティを示す指標も上昇した。

  ゴールドマン・サックスは1月の段階で、今年最も有望とした3つのトレードを断念せざるを得なくなった。具体的にはS&P500種株価指数に対する大手米銀株のアウトパフォームを予想する取引と、米国の10年ブレークイーブンレートの上昇を見込む取引、メキシコ・ペソとロシア・ルーブルの南アフリカ・ランドおよびチリ・ペソに対するアウトパフォームを予測する取引だが、最後の通貨トレードは6.6%の含み損が生じた1月21日時点で断念した。

  最後に残った今年お勧めのトレードは、新興市場の銀行株50銘柄のバスケットに対し、商品以外の輸出企業48社で構成するバスケットがアウトパフォームする方向に賭ける取引だ。こちらについては昨年11月のオープニングレベルと比較して4.5 %のプラスのリターンを確保している。

原題:Goldman Sachs Abandons Five of Six ‘Top Trade’ Calls for 2016(抜粋)

(7段落目以降に断念した他のトレードなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE