NY銅、1カ月ぶり大幅安-インドネシアからの供給拡大見通しで

9日のニューヨーク銅先物相場は約1カ月ぶりの大幅下落。世界的に銅が供給過剰となる中、インドネシア当局がフリーポート・マクモランの銅出荷の再開に向けて動いたことが嫌気された。

  インドネシアのエネルギー・鉱物資源省はフリーポートに対する輸出許可を更新するよう勧告。これは同国のグラスベルグ鉱山からのフリーポートの出荷再開に道を開くことになる。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物3月限は前日比2.4%安の1ポンド=2.0395ドルで終了。先月11日以来の大幅な下げとなった。

  ロンドン金属取引所(LME)の銅相場も下落。LMEのアルミニウムとニッケル、鉛、亜鉛は下落し、スズが上昇した。

原題:Copper Drops as Indonesia Recommends Freeport Export Permit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE