欧州マーケットサマリー:株は13年以来の安値、周辺国債が下落

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1308   1.1193
ドル/円            114.83   115.85
ユーロ/円          129.85   129.67


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  309.39     -4.97    -1.6%
英FT100     5,632.19   -57.17    -1.0%
独DAX      8,879.40   -99.96    -1.1%
仏CAC40    3,997.54   -68.77    -1.7%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .52%        -.01
独国債10年物     .23%        +.02
英国債10年物     1.41%      +0.00


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,191.00    -2.25     -.19%
原油 北海ブレント         30.67     -2.21    -6.72%

◎欧州株:ストックス600指数、2013年以来の安値-銀行株に売り

9日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が7営業日 続落。銀行株指数は2012年以来の安値まで沈んだ。世界的な株安が収ま る兆しは見られない。

ギリシャのユーロバンク・エルガシアスが12%急落するなど、銀行 株が総じて値下がり。下降局面を十分に乗り切る体力が銀行にあるのか 懸念が強まり、銀行債を保証するコストが上昇した。クレディ・スイ ス・グループは8.4%安。スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン総裁 が中銀預金金利について、マイナス0.75%の「現水準よりも下がる」可 能性はあるとベルンで述べたことが嫌気された。ドイツ銀行は一時の上 げを消し4.3%安と、1992年以来の安値で引けた。利払いのための十分 な資金があると表明したものの、株価下落の流れを変えられなかった。

ストックス600指数は前日比1.6%安の309.39で終了。これは2013 年10月以来の安値で、いわゆる「売られ過ぎ」の水準となった。この日 の出来高は30日平均を52%上回る水準。ギリシャのアテネ総合指数は少 なくとも1989年以来の安値まで沈んだ。

MPPM(独エップシュタイン)のギレルモ・ヘルナンデス・サン ペレ氏は「ボラティリティが極めて高くなっている」とし、「投資家ら は手持ち資金を増やし、買う機会が到来しないか注意深く見守る必要が ある。テクニカル的に相場が上昇しても再び下げに容易に転じる可能性 があり、すぐに落ち着く状況ではなさそうだ」と語った。

コメルツ銀行は4.4%下げ、2013年7月以来の安値を付けた。スウ ェーデンのスウェドバンクは5.7%値下がり。ミケル・ウルフ最高経営 責任者(CEO)が退任した。一方、スベンスカ・ハンデルスバンケン は1.6%上昇。第4四半期が35%増益となったことが買い材料。

業種別19指数の中では、資源銘柄が最もきつい値下がり。ゴールド マン・サックス・グループが最近の株価上昇は正当化できないと指摘し た。アルセロール・ミタルは11%の大幅安。アングロ・アメリカン も11%急落した。

原題:European Stocks Retreat to Lowest Since 2013 as Banks Tumble(抜粋) SNB Hasn’t Yet Reached Rock Bottom on Deposit Rate, Jordan Says (抜粋)

◎欧州債:イタリア債が下落、独債とのスプレッド拡大-リスク回避で

9日の欧州債市場ではイタリアとスペインの10年物国債が下落し、 ドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が拡大して昨年7月 以来の大きさとなった。リスクが比較的高い資産が世界的に売りを浴び ている。

イタリア10年債利回りは昨年11月以来の高水準まで上昇。ポルトガ ルの10年債利回りは2014年10月以来の水準に達した。一方、ユーロ圏で 最も安全とされるドイツ国債を求める動きから、同国の10年物利回りは 一時、昨年4月以来の0.2%割れとなった。

DZバンクの債券ストラテジスト、ヘンドリク・ロッデ氏は電子メ ールで配布したリポートで、「ユーロ圏周辺国の銀行セクターに関する リスクプレミアムと歩調を合わせて、国債スプレッドも急拡大した」と し、「現在のリスク回避の動きが比較的安全な資産の需要を主に支えて いる」と語った。

ロンドン時間午後4時16分現在、イタリア10年債利回りは前日比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.70%。一時 は1.77%と、昨年11月以来の高水準を付けた。 前日までの3営業日 で24bp上げていた。同国債(表面利率2%、2025年12月償還)価格は この日、0.21下げ102.755。

ドイツ10年債利回りは2bp上昇し0.24%。4月29日以来の低さと なる0.19%まで下げる場面もあった。イタリア国債のスプレッドは一 時156bpまで広がった。スペイン10年債利回りも2bp上げ て1.78%。ドイツ国債に対するスプレッドは一時163bpに拡大した。

ポルトガル10年債利回りは33bp上げ3.71%。一時は3.73%まで上 げ、ドイツ債に対するスプレッドは350bpまで拡大。これは2014年1 月以降では最大。

原題:Italy Bond Selloff Pushes Yield to 3-Month High Amid Equity Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE