オバマ米大統領、ジカ熱対策で議会に2100億円の緊急支出要請へ

米公衆衛生当局者は8日、米国内でジカ熱の爆発的な感染拡大が起こるとは予想していないとした上で、研究者らがワクチン開発に取り組んでおり、年内に安全性試験が行われる見通しだと述べた。

  ホワイトハウスはこの日、ジカ熱の感染拡大阻止のため、オバマ大統領は議会にジカウイルス対策として18億ドル(約2100億円)の緊急支出を求めると発表した。中南米で猛威を振るっているジカ熱は先天性の障害との関連性が指摘されている。

  米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は8日、ホワイトハウスで記者団に対し、「爆発的な感染拡大が起こるとはわれわれはみていない」と発言。「例えば1年少し前と比べれば、ジカ熱のような感染症の流行に対し、われわれは明らかに準備が整っている」と語った。

原題:Obama Asks Congress for $1.8 Billion to Combat Zika Virus (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE