メキシコ石油公社のロソヤCEOが辞任-12期連続の赤字計上後に

メキシコ石油公社(ぺメックス)のエミリオ・ロソヤ最高経営責任者(CEO)が辞任した。ペメックスは生産減少を抜け出せず、12四半期連続で赤字を計上した。

  メキシコのペニャニエト大統領は8日、ゴンサレス・アナヤ氏が後任のCEOに就任することを明らかにした。

原題:Pemex CEO Emilio Lozoya Resigns After Three Years of Losses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE