ECBクーレ理事:G20で為替協調を協議-主要新興国の通貨安受け

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は26、27両日に上海で開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議について、主要新興国・地域の通貨が下落する中で、為替相場をめぐる政策協調の方法を協議するとの見通しを示唆した。

  クーレ理事は8日、仏テレビ局BFMとのインタビューで主要新興国・地域に関し、「通貨下落が続くリスクがある」と指摘。「これは世界的な協調の問題であり、上海で協議されるだろう」と語った。

原題:G-20 May Discuss Exchange-Rate Coordination, ECB’s Coeure Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE