グーグルCEOに株式230億円相当付与-米企業幹部で最大級報酬

更新日時
  • ピチャイ氏の今年の報酬額はグーグル経営幹部では過去最高
  • ポラットCFOには3830万ドル相当の株式報酬

米グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、親会社アルファベットから約1億9900万ドル(約230億円)相当の制限付き株式を付与された。同氏は今年、上場会社の経営幹部で最も高額な報酬を獲得する一人となる。

  アルファベットが5日提出した届け出によれば、ピチャイCEOは3日にクラスA株式27万3328株を付与された。同氏は全株式を一括で受け取ったのではなく、CEO職を継続した場合、2019年末まで四半期ごとに付与される。

  ピチャイ氏はグーグル共同創設者ラリー・ペイジ氏の腹心で、グーグルが昨年組織を再編し持ち株会社「アルファベット」を新設した際にグーグルのCEOに就任した。ブルームバーグがまとめたデータによれば、今回はグーグル経営幹部への報酬として過去最高額となる。経営幹部への株式付与は監督当局に届け出る必要がある。

  届け出によると、モルガン・スタンレーから昨年移籍したルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は3830万ドル相当の株式を付与された。ピチャイCEOと同様の条件で受け取る。

  アルファベットの広報担当にコメントを求めたがまだ返答は得られていない。

  グーグルは通常、幹部に対して2年ごとに株式報酬を付与する。同社は「幹部にビジネスを長期的展望で見ることを奨励する」戦略だと説明した。

原題:Google CEO Pichai Receives Record $199 Million Stock Grant(抜粋)

(CFOの報酬などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE